LED照明専門サイト、LEDストア、LED照明器具、LEDランプの販売、LED電球、LEDスポットライト、LEDダウンライト、バー型LEDライト、LED蛍光灯、パネル型LED照明、高所用LEDキャノピーライト、防水・防塵対応屋外用LEDライトおよびLED電球、などLED照明の販売の他、導入コンサルティング、施工、保守を承ります。

LED照明器具購入費用の償却年数

LED照明器具購入費用の償却年数

弊社取り扱いLED照明器具について
点灯時間 12時間/日
電気料金 20円/kwh の場合  

LED照明器具の機器購入費用を導入以降の電気料金削減により償却する場合、必要な年数を計算いたしました。
LED照明器具を耐用年数を基準とした場合の、LED照明と既存照明の各々の機器購入費用とその期間に要した電力料金の総計、を計算いたしました。  

画像の説明

1.電球型LEDの場合
電気料金削減により1年前後で購入費用を償却できます。
また電球型LED耐用年数利用した場合、既存電球より経費を1/3~1/4程度に削減できますので、既存電球は電球型LEDへのお取り換えをお勧めいたします。

2.蛍光灯型LEDの場合 
従来では蛍光灯型LED耐用年数を利用した場合でも、既存蛍光灯と比べると20%~50%程度まで経費がアップしてしまい、助成金 の活用や他のメリット(取り換え作業等やCO2削減による社会貢献や改正省エネ法対策など)も検討して導入する必要がありましたが、LED蛍光灯の普及とともに金額が下がり3~6年程度で購入費用を償却できるようになりました。

また利用する場所によりパネル型LED照明で対応できる場合は、パネル型を検討するのもよいでしょう。(80%~90%程度に経費削減可能なため)

3.パネル型LED照明の場合  
電気料金削減により3~6年前後で購入費用を償却でき、またパネル型LED耐用年数利用した場合、既存照明より経費を80%~90%程度に削減できます。
パネル型の場合 工事が必要となってきます。
新規導入やリニューアル、リフォームを行う場合で既存照明も工事が必要となってくる場合は、経費削減できるパネル型LEDの導入お勧めいたします。
経費削減のため、パネル型LEDのみをお取り換えを検討の場合は、工事費用、助成金の活用や他のメリット(取り換え作業等やCO2削減による社会貢献や改正省エネ法対策など)も検討して導入しましょう。

4.LEDスポットライトLEDキャノピーライト屋外用LED照明
経費比較の表には記載しておりませんが、おおむね電球型LEDと同様の値となり、1~2年の電気料金削減額で購入費用を償却できますので、各LED照明へのお取り換えをお勧めいたします。
しかし、工事が必要な場合は工事費用も合わせて検討して導入する必要があります。

 

 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional